誰もが自信を持って働きながら、
本当に望む未来を実現する心理学

コラム

 あなたのその悩み、自信のなさが原因です

怒鳴り散らす社長の末路とは?社員が離れていきます




こんにちは、ビジネスメンタルトレーナーの伊庭和高です。

 

今回は規模や業種を問わず、

社長の方からよく寄せられる相談を取り上げます。

 

「部下に怒鳴り散らすことがよくある」

「周囲との関係が悪化していると思う」

 

つい怒鳴り散らす状況が続けば、

仕事にも悪影響が出てしまいます。

 

部下が萎縮してしまったり、

逆に反発されたり裏切る部下も出てきます。

 

何より怒鳴り散らしてしまう社長自身も、

決して気持ちの良いものではありません。

 

いずれにせよ現状を放置していると、

取り返しがつかない問題が起きてしまいます。

 

今回は一般の見地とは異なる視点で、

怒鳴り散らす社長の心理背景や行く末を解説します。




なぜ怒鳴り散らすのか?

 

社長が周囲に怒鳴り散らすのには、

大きく3つの原因があります。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

弱みを悟られない様にしている

怒鳴り散らし高圧的な態度を取れば、

相手は怖くなって反論しにくくなります。

 

社長としての威厳を保てたり、

弱みを悟られないで済むのです。

 

必要以上に自分を大きく見せるために、

カッとなりやすくなってしまうのです。

 

「見下されない様に…」

「なめられない様に…」

 

こうした心理も見えますし、

自分を守るための言動とも言えます。

 

余裕がない

日々の仕事に追われていたり、

プレッシャーを感じる場面も多い経営者。

 

気持ちに余裕がないことで、

イライラしやすい状況を作ってしまいます。

 

机の上が散らかっていたり、

手帳に予定がびっしりだったり、

余裕のなさは周囲にも伝わっています。

 

余裕がない中でふとしたキッカケで、

感情が爆発してしまうのです。

 

気持ちの余裕は周囲への言動ともつながっています。

 

余裕がない状態が続くほど、

周囲へも怒鳴り散らしてしまうのです。

 

できない点ばかり意識が向いている

「何でこんなこともできないのか…」

 

この様に部下のできない点にばかり意識が向くと、

怒鳴り散らす瞬間も増えてしまいます。

 

自分基準で物事を考えるほど、

求める基準に達していない時に怒鳴り散らしてしまうのです。

 

そして怒鳴り散らされた部下は萎縮し、

ますます仕事でミスが増えてしまいます。

 

あるいは「やってられない」と思い、

仕事が雑になったり急に退職することもあるのです。

 

怒鳴り散らす根本原因は自信のなさ

私はお客様に、すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

社長が周囲に怒鳴り散らすのも、

自信のなさが根本的な原因です。

 

自信があれば必要以上に怒鳴り散らしませんし、

感情を自分でコントロールできています。

 

精神的な余裕も作り出し、

本音も素直にさらけ出せる様になります。

 

ですが自分に自信が持てずにいる時ほど、

必要以上に自分を大きく見せてしまいます。

 

部下にキレやすくなってしまい、

できない点にも意識が向きがちになります。

 

普段は自信満々で働いている社長も、

自信のなさに直面した時にはキレやすくなってしまうのです。

 

怒鳴り散らす社長の末路

「あの社員が悪い」

 

この様に相手のせいにしていれば、

その場は気持ちが楽になるでしょう。

 

あるいはストレス発散をすれば、

気持ちは一時的にスッキリするでしょう。

 

ですが悩みの原因が解決していないので、

再び同じ問題に直面してしまいます。

 

場面や状況を変えて、

周囲に怒鳴り散らしてしまうのです。

 

たとえ怒鳴り散らす対象の社員が辞めても、

別の社員に怒鳴り散らす様になります。

 

相手や環境を変えて、

悩みは何度でも繰り返されるのです。

 

あるいは仕事だけに限らず、

私生活にも影響が及ぶこともあります。

 

家族の前でもキレやすければ、

家族との関係も悪化します。

 

自信のなさに向き合わない限り、

悩みはいつまでも繰り返されてしまうのです。

 

どうすれば現状を変えられるのか?

環境や相手を変えても、

自分が変わらない限り悩みは繰り返されます。

 

社員が萎縮してしまったり、

急に辞める社員が相次ぐのです。

 

あるいは社員や取引先に裏切られることも出てくるでしょう。

 

だからこそ、まずは自分が変わること。

 

「もし自分にも原因があるとしたら何だろうか?」

 

この様に自分に問いかけることは、

悩みを解決する上で不可欠です。

 

逆に自分自身と向き合わずにいれば、

状況は次第に悪化してしまいます。

 

社員が次々に退職したり、

急に仕事が上手くいかなくなったり、

家族が離れていったりと、

大きなトラブルが発生してしまうのです。

 

私は自信のなさを克服し、

本当に望む成果を出し続けるための秘訣を、

無料メール講座で解説しています。

 

仕事の悩みを解決し成果を出したい場合は、

こちらも登録し学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!






このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

千葉県千葉市出身。
早稲田大学大学院卒。
教育理論や心理学を学ぶ中で100人にインタビューし、独自のメンタルトレーニング理論を確立。

卒業後は高校で世界史を教えるが、本当に伝えたいことはやはり心のケアであると気づき、2017年に株式会社マイルートプラスを起業し、8年で5,000人以上を指導。

2017年11月に株式会社マイルートプラスを設立。
役職や立場を問わず成果が出ることが評判を呼び、2020年4月に著書『ストレスフリー人間関係』を出版。
増刷しロングセラー中。
2023年10月に三笠書房・王様文庫より『声に出すだけでモヤモヤがすっきりする本〜たった5秒のメンタルケア〜』を出版。
『女性自身』(2023年9月19日号)にて、カラー8ページで特集されるなど、独自のメソッドに注目が集まっている。

「日本の元気は気持ちから!」をミッションにしている。
職場の人間関係や仕事の目標達成について、方法が体系立ててまとめられており、お客様の現状に合ったアプローチを取れることが強み。

また最近では企業研修を実施するなど、活動の幅を広げている。

関連記事

コラムカテゴリ