誰もが自信を持って働きながら、
本当に望む未来を実現する心理学

コラム

 あなたのその悩み、自信のなさが原因です

ワンマン社長の末路とは?ついていけないと思われる現状を好転させるには?




こんにちは、ビジネスメンタルトレーナーの伊庭和高です。

 

今回は業種や規模を問わず、

社長の方からよく届くテーマを取り上げます。

 

「ワンマン経営をしてきた様だが、上手くいかなくなった」

 

「一体どうすればいいのかわからない」

 

ワンマン経営を続ければ、

意思決定スピードが早まったりと、

確かにメリットもあるでしょう。

 

ですが社員との間に溝ができたり、

突然業績が傾いたりと、

デメリットも多いのです。

 

上手くいっている時はいいものの、

上手くいかなくなると一気に歯車が狂い始めることもあります。

 

ワンマン社長の多くが、

実際に問題が起こってから深刻さに気づきます。

 

何とか現状を変えたいものの、

どうすれば良いかわからないこともあるのです。

 

今回は一般の見地とは異なる独自の視点で、

ワンマン社長の末路を解説します。

 

その上で、現状を変える本質的な話をしたいと思います。




ワンマン社長の末路とは

 

ワンマン社長の末路は、

大きく分けると3つになります。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

社員が離れていく

「もう社長にはついていけない」

 

ワンマン経営をしてきたツケは、

社員の離反という形で現れます。

 

採用した社員が定着しなかったり、

信頼を寄せていた人が離職したりするのです。

 

社員の目線で考えれば、

働く場所は他にもあります。

 

社長に対するストレスを溜め込み働かなくても、

別の会社でストレスなく働ける可能性があるのです。

 

特に経営が上手く回らなくなり始めると、

一気に社員が離れていくリスクもはらんでいます。

 

周りから人が離れていく

人が離れていくのは、

何も社員だけではありません。

 

取引先や協業者など、

仕事で関連する人が離れていくのです。

 

自分の姿勢は周囲にも伝わっているので、

ワンマンぶりは自社に関連する人にも波及しています。

 

また仕事だけでなく、

家族が離れてしまうこともあります。

 

ワンマン社長の中には、

家庭でもワンマンぶりを見せている人もいます。

 

離婚や別居につながったりと、

限界を迎えて家族がいなくなってしまうのです。

 

周りを頼れなくなる

そしてワンマン社長に多いのが、

周りを上手く頼れないことです。

 

自分の力で会社を成長させた自負もあるので、

周りに頼ることに心理的な抵抗を示すこともあります。

 

状況が悪化しているにもかかわらず、

周りを一向に頼ることができなければ、

負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

物理的に周りから人がいなくなってしまえば、

取り返しがつかない事態になるかもしれません。

 

悩みは形を変えて繰り返される

私はよく、悩みは形を変えて何度も繰り返されるとお伝えしています。

 

ワンマン社長が自身の課題に向き合わないと、

一時的に立て直せても同じ悩みを繰り返してしまうのです。

 

社員を入れ替えても、

取引先を入れ替えても、

一定周期で人が離れていってしまうのです。

 

「社員が離れていったのは裏切りだ!」

「新たな社員を雇ってやる」

 

この様に思っても、

新たに雇った社員も一定周期で離れてしまう可能性が高いのです。

 

また家族に関しても同じことが言えますし、

人を変えても自分が変わらないと根本的な解決につながらないのです。

 

現状上手くいっているならまだしも、

そうでない場面が訪れた時は、

現状を変える分岐点とも言えるのです。

 

どうすれば現状を変えられるか?

ワンマン経営で悩みが表面化している場合、

実は社長自身も「このままじゃマズい」と気づいていることが多いです。

 

その一方で、どうすれば良いのかわからなくなっているのです。

 

自分の課題に向き合うことで、

現状は今から変えることができます。

 

私は現在、社長の方を対象に90日間プログラムを実施しています。

 

仕事の悩みの解決はもちろん、

家庭の悩みを解決する上でも効果を発揮します。

 

ワンマン経営で課題が表面化した現状も、

自分が変わることで好転し始めます。

 

「現状を変えないといけないのはわかっている」

「でもどうすれば良いかわからない」

 

こうした相談は私の元に多く寄せられています。

 

私は本当に望む成果を出し続けるための秘訣を、

無料メール講座で解説しています。

 

仕事の悩みを解決し成果を出したい場合は、

こちらも登録し学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!






このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

千葉県千葉市出身。
早稲田大学大学院卒。
教育理論や心理学を学ぶ中で100人にインタビューし、独自のメンタルトレーニング理論を確立。

卒業後は高校で世界史を教えるが、本当に伝えたいことはやはり心のケアであると気づき、2017年に株式会社マイルートプラスを起業し、8年で5,000人以上を指導。

2017年11月に株式会社マイルートプラスを設立。
役職や立場を問わず成果が出ることが評判を呼び、2020年4月に著書『ストレスフリー人間関係』を出版。
増刷しロングセラー中。
2023年10月に三笠書房・王様文庫より『声に出すだけでモヤモヤがすっきりする本〜たった5秒のメンタルケア〜』を出版。
『女性自身』(2023年9月19日号)にて、カラー8ページで特集されるなど、独自のメソッドに注目が集まっている。

「日本の元気は気持ちから!」をミッションにしている。
職場の人間関係や仕事の目標達成について、方法が体系立ててまとめられており、お客様の現状に合ったアプローチを取れることが強み。

また最近では企業研修を実施するなど、活動の幅を広げている。

関連記事

コラムカテゴリ