誰もが自信を持って働きながら、
本当に望む未来を実現する心理学

コラム

 あなたのその悩み、自信のなさが原因です

経営者はしんどい!疲れた!根本原因と現状を好転する方法




こんにちは、ビジネスメンタルトレーナーの伊庭和高です。

 

「経営者はしんどい!」

「もう疲れてしまった!」

 

年齢や業種を問わず、

こうした声はお客様からよく届きます。

 

経営者としてしんどいと感じるほど、

日常のさまざまな場面で悪影響が出ます。

 

たとえ仕事が順調でも、

私生活で問題が発生することもあります。

 

あるいは仕事のモチベーションが湧かず、

無気力状態になってしまうこともあるのです。

 

いずれにせよ現状を放置していても、

良い未来は待っていません。

 

今回は独自の切り口から、

しんどさを感じ疲れている原因を解説します。

 

その上で現状を好転する本質的な方法をお伝えします。




なぜしんどい気持ちを感じているのか?

 

経営者がしんどい気持ちを感じる背景は、

3つの原因があります。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

仕事に追われている

常に仕事に追われていると、

心は限界を迎えてしまいます。

 

朝から晩までやることが多く、

息つく暇がないのです。

 

「やるべきだ」

「やらなきゃ」

「やった方がいい」

 

仕事に追われる経営者ほど、

これらの言葉が口癖になっています。

 

目の前の仕事はこなせますし、

実際に成果を挙げることもできますが、

自分の気持ちを犠牲してしまうのです。

 

どこかでガス欠を起こし、

疲れが爆発してしまうことがあります。

 

周りに気を使いすぎている

部下や取引先など、

周りに気を使いすぎている経営者は意外といます。

 

周りの評価や反応を気にしたり、

嫌われない様に意識するほど、

自分の気持ちを抑え込む様になります。

 

その場は上手く乗り切れても、

自分を犠牲にして仕事をするので、

しんどい気持ちが蓄積するのです。

 

周りの目が気になったり、

相手に期待しすぎる人ほど、

この傾向があります。

 

目標が見えない

 

しんどい経営者ほど、

目標を見失っています。

 

仕事の目標は立てられても、

人生の目標が立てられないのです。

 

「そもそも何をしたかったんだっけ?」

 

「やりたいことがわからない…」

 

こうした気持ちを抱いています。

 

目の前の仕事を淡々とこなしながらも、

叶えたいビジョンも見えなくなり、

何のために生きているのかわからなくなることもあるのです。

 

しんどいまま現状を放置するとどうなるか?

 

しんどいままの現状を放置しても、

働き続けることはできます。

 

ですが現状に向き合わなければ、

必ず大きな問題が発生します。

 

私生活で問題が発生することも

仕事は何とかこなせても、

私生活で問題が発生することがあります。

 

たとえばよくある問題が

家族が家を出て行ってしまったり、

夫婦間で大喧嘩をしてしまうこと。

 

仕事のストレスを家庭に持ち込み、

家族にぶつけてしまうのです。

 

別居や離婚につながったり、

子供との関係が上手くいかなかったりと、

問題が発生してしまいます。

 

現実逃避では変わらない

しんどい気持ちを解消しようと、

現実逃避の行動に走る人もいます。

 

お酒を飲みに行ったり、

ギャンブルに走ったり、

衝動買いをしたりと、

ストレス発散をするのです。

 

ですがストレス発散をしても、

しんどさの原因は解決していません。

 

マイナスとゼロを往復する様に、

根本的な解決につながらないのです。

 

また経営者でよくあるのが、

ポジティブな学びに自己投資をすること。

 

経営者向けのセミナーに参加したり、

仕事に関する本を読むのです。

 

確かに一時的には前向きになれますが、

しんどさを感じる原因に対処できていません。

 

無理してポジティブ思考を続けても、

現状は悪化するばかりなのです。

 

悩みの根本原因は自信のなさ

私はお客様に対して、

すべての悩みの根本原因は自信のなさだと解説しています。

 

経営者がしんどさを感じる状況も、

自信のなさが背景にあります。

 

たとえ普段は自信を持って仕事をしていても、

特定の場面で自信がなくなる人もいるのです。

 

自信がない時ほど、

周りに気を使いすぎてしまいますし、

無理して仕事に追われる状況を作ってしまいます。

 

自分自身を大切にできず、

精神的なしんどさを蓄積してしまうのです。

 

うわべだけの自信ではなく、

本当の自信をつけることが、

現状を好転するポイントなのです。

 

現状を好転する方法

 

ここからは具体的に、

現状を好転する方法を解説します。

 

2つの方法を繰り返し行動することで、

しんどい状況は抜け出せます。

 

自分で自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

自分で自分の気持ちを声に出すこと。

 

しんどい経営者ほど、

自分の気持ちを声に出せていません。

 

声に出さず、頭の中で考え続けています。

 

著書『ストレスフリー人間関係』でも解説していますが、

私たち人間の脳は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が増大してしまいます。

 

一説では1日に考える事柄の9割が、

ネガティブな内容だと言われています。

 

しんどい気持ちが増大するのも、

頭の中で考え続けているからです。

 

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分で自分の気持ちを声に出すこと。

 

これが現状を好転する第一歩です。

ここで多くの人が間違えるのが、

「いきなり誰かに吐き出すことです」

 

部下や取引先や家族や飲食店のマスターなど、

いきなり誰かにしんどい気持ちを吐き出さないでください。

 

確かに自分はスッキリしますが、

吐き出した相手は嫌な気分になるでしょう。

 

次第に話を聞くのに疲れて、

関係性が悪化することもあるのです。

 

誰かに吐き出す前に、

まず自分で声に出すことを徹底してください。

 

「どうしたいか?」と問いかける

そして声に出した後は、

「どうしたいか?」と問いかけます。

 

「どうしたいか?」の主語は自分自身。

 

しんどい状況の経営者ほど、

自分を主語に問いかけられていません。

 

自分以外の誰かのことを考え、

「どうしたいか?」が出てこないのです。

 

「やるべきだ」

「やらなきゃ」

「やった方がいい」

 

たとえば先ほど紹介した言葉も、

「やりたい」ではないのです。

 

自分を主語にしておらず、

誰かのことを先に考えています。

 

また「どうしたいか?」と、

「どうしたらいいか?」は違います。

 

「私はどうしたらいいの?」という様に、

誰かに解決策を求めている状態なので、

いつまでも悩み続けてしまいます。

 

「どうしたいか?」という問いかけは、

経営者が悩みを解決する上で不可欠です。

 

大事なのは「習慣化」です

ここまで2つの方法を紹介しましたが、

大事なのは「習慣化」することです。

 

1日や2日実践しただけでは変化は生まれません。

 

しんどさを感じ疲れているのは、

今までの習慣の結果として生まれた状況です。

 

毎日の様に意識して取り組むことで、

現状を根本的に変えられるのです。

 

それこそ仕事の場面だけではなく、

私生活でも意識して実践することが大切です。

私は自信のなさを克服し、

本当に望む成果を出し続けるための秘訣を、

無料メール講座で解説しています。

 

仕事の悩みを解決し成果を出したい場合は、

こちらも登録し学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!






このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

千葉県千葉市出身。
早稲田大学大学院卒。
教育理論や心理学を学ぶ中で100人にインタビューし、独自のメンタルトレーニング理論を確立。

卒業後は高校で世界史を教えるが、本当に伝えたいことはやはり心のケアであると気づき、2017年に株式会社マイルートプラスを起業し、8年で5,000人以上を指導。

2017年11月に株式会社マイルートプラスを設立。
役職や立場を問わず成果が出ることが評判を呼び、2020年4月に著書『ストレスフリー人間関係』を出版。
増刷しロングセラー中。
2023年10月に三笠書房・王様文庫より『声に出すだけでモヤモヤがすっきりする本〜たった5秒のメンタルケア〜』を出版。
『女性自身』(2023年9月19日号)にて、カラー8ページで特集されるなど、独自のメソッドに注目が集まっている。

「日本の元気は気持ちから!」をミッションにしている。
職場の人間関係や仕事の目標達成について、方法が体系立ててまとめられており、お客様の現状に合ったアプローチを取れることが強み。

また最近では企業研修を実施するなど、活動の幅を広げている。

関連記事

コラムカテゴリ